目的地まではすぐには着かない・・・

この5月のゴールデンウィークの2日間を利用しまして長野県まで行ってきました。
今まで信越方面は行くことができていなかった(距離が遠い)ため、どのような洗車機に巡り会えるのかすごく楽しみにしていました。
およそ三田から5、6時間ほどかけて長野県へ向かって走りました。

途中、岐阜県にて利用しておきたかった洗車機を利用するため寄り道。

使いたかった洗車機はD社のユーロスウェーブです。


実のところ、D社の80系ボディ採用のデコパネ洗車機はかなり好きな洗車機でして、今までもう一度使ってみたいと思っていた洗車機でした。
最近ではかなり見かけることが少なくなった洗車機のように感じます。
私が小学生のころは近所の洗車場にも導入されており、よく洗車機を見に連れてもらった記憶があります。

その自分なりにかなり思い出のある洗車機を利用してきました。
正直、洗車機の入れ替え等で利用できるか不安な部分もありましたが、目的地到着後ユーロスウェーブの姿が見えたときはホッと安心しました。

とりあえずお店の方に洗車機を利用することができるか確認を取りまして、洗車可能でしたので上位コースで利用しました。
と、上位コースと言いましても水洗いコースとワックスコースのみでしたが・・・

洗車コースはワックスコース
でも2往復してくれる方でした。
クイックコースじゃなくてよかった・・・(*^^*)

装備品は「リアワイパー」と「スポイラー」を選択されていたと思います。
そのため、車中央あたりでトップブラシが逆回転し洗浄を行っておりました。
ブラシが避けずにしっかりと洗ってくれたことが好印象を受けました。
これなら、以前スポイラー壊されたHE6000でも装備品選択した方が良かったかな・・・(小声)

洗浄性に関しましては、この年代にも関わらずかなりキレイに洗ってくれた印象を受けました。
後面洗浄時のサイドブラシの動きは、装備品を選択しているためか若干ブラシの接触を抑えているように感じました。
その他はあいかわらずのことですが、トップブラシのフロント部分の洗浄に至ってはほぼほぼ車にブラシが届いていませんでした。
フロント部分は傾斜になっているため、細かい動きが厳しいスイングアームでは難しい部分だと思います。
また、ワイパーもついておりますのでモーターの回転数が下がるため、なおさらフロント部分の洗浄があまくなっているように思いました。

今回利用したユーロスウェーブはタイヤブラシも装備されており、結構豪華な仕様だと思います。
残念ながら今回利用した際にはタイヤブラシの稼働はありませんでした。

最上級コースは「フッソコート」というコースが操作パネルにありました。
当時で、どれほどの撥水効果あったのか気になるコースでもあります。

どうにか無事に動画に収めることができて良かったです。
また、写真も撮影することができていい資料集めになりました。

ちなみに洗車コースは1080円でした。



と、長野県までまだまだたどり着きそうにない感じでしたが、今まで改めて利用しておきたかった洗車機を利用することができましたので寄り道をして良かったと思いました。

では!改めて長野県へ向け出発!!




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント